「PayPayフリマガイドライン細則の改定について(マスク等の出品について)(2)」※3/6更新

【2020年3月6日 更新】
このたびPayPayフリマガイドライン細則を以下のとおり改訂いたします。

【改定内容】
PayPayフリマガイドライン細則 C.出品ルール

14.災害などの緊急事態において、供給不足により人の身体・生命に影響がある物品
災害などの緊急事態時に、供給不足により人の身体・生命に影響がある物品を出品する場合には、以下の規定を順守すること
(1)従来市場での流通価格等と比較して社会通念上相当な価格で出品すること
(2)社会通念上相当な量を出品すること
(3)政府や監督省庁より、販売方法や個数等についての指針や目安が示されている場合、それに従うものとする
【社会通念上相当な量とは】
通常個人が、備蓄目的ではなく、個人で消費するために所持する容量を指します

【改定予定日】
2020年3月14日(土)

今後ともPayPayフリマをよろしくお願いいたします。
(2020年3月6日追記)
-------------------------------------------------------------------------------

平素よりPayPayフリマをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

PayPayフリマでは、日本全国でのマスクの品薄状態を受けて、緊急事態に際し個人間取引が及ぼす社会的影響を鑑み、ガイドライン細則の追加等の対策を実施してまいりましたが、経済産業省の要請を受けて、マスクの適切な価格かつ小ロットでの販売推進に関する対策を強化をすることにいたしました。

【経済産業省】マスク、消毒液の適切な供給について(2月28日)

■出品者のみなさまへ
本日以降、以下に該当すると当社が判断した出品については、削除等の措置を実施いたします。
あわせて、ガイドライン細則の改定も予定しております。

・適切な価格(従来市場での流通価格等)と比較して社会通念上不相当な価格が設定されていると当社が判断するもの
・社会通念上不相当に多量のマスクをセットで出品していると当社が判断するもの

マスクを出品される際には、小ロット単位で、適切な価格設定で出品くださいますようご協力をお願いいたします。

■購入者のみなさまへ
必要な方が必要な量のマスクを確保できるようご配慮のうえ、購入を行ってくださいますようお願い申し上げます。

なお、消毒液その他の出品についてもこれまでどおり、ガイドライン細則に違反する出品を発見した場合には、出品削除等の適切な対応を実施してまいります。

PayPayフリマでは、今後もご利用の皆様が安心して取引できる場の提供に努めてまいります。